SBIインシュアランスグループ(7326)上場(ipo)|目論見書等から分かる今後の行方

2018年9月27日に上場するSBIインシュアランスグループ。同社は、損害保険業、生命保険業、少額短期保険業を営む子会社の経営管理およびそれに関連する事業を展開しています。

出典:同社目論見書、HP

同社のIPOに至るまでの軌跡と今後の展開について目論見書等から探っていきます。

概要

ファンダメンタルズ

過去5年間の業績推移と直近四半期から推計した業績をもとに簡易的に分析した結果です。

競合他社の状況

生命保険関連銘柄の直近(執筆時9/15)のファンダメンタルズによると、生命保険関連銘柄は他業種に比べ、成熟企業が多くPER、PBR共に低い傾向にあります。

出典:Kabutan

IPOスケジュール

抽選申し込み期間:9/7(金)~9/13(木)

当選発表日:9/14(金)

購入申込期間:9/18(火)~9/21(金)

上場日:9/27(木)

所感

想定価額2,160円で試算すると、PERが30倍と同業種と比べて割高です。過去の数字を見ても売上高の成長率は高くありません。

需給の面でも公募・売り出し合わせて6,566,500株は厳しいですね。Twitter見ても当選報告が多いです。

単体の数字が芳しくないのも気になります。SBI損害保険は、赤字体質で直近期にようやく黒字化。ただし売上の成長はなく頭打ち感が出ています。またSBI生命保険も、売上の減少傾向が起因して利益が縮小している下降トレンドです。

以上を勘案すると、初値はあまり期待できないと思います。公募割れしてくると面白いですね。握力が弱いとりあえず当選した組の投げ売りがはじまりますので、必要以上に売られたとこで拾いたいところです。

証券情報

市場からの調達規模

市場からの調達は、公募4,000,000株、売り出し(OA含む)2,566,500株の合計6,566,500株を調達します。募集の条件はブックビルディング方式です。

株式の引受け

株式の引受けは、みずほ証券、SBI証券です。

ロックアップ

※()内は株式保有比率

・SBIホールディングス(株)(88.89%)

ロックアップ期間180日。

資金調達の使途

損害保険事業における保険引き受けの拡大に向けたソルベンシー・マージン比率の向上のための、自己資本の充実に資することを目的として充当する予定です。

SBI損害保険(株)への出資8,000百万円

事業等のリスク

・損害保険

→地震・噴火・台風・水災・大雪その他の大規模な自然災害が予測を超えて発生

・生命保険

→予定死亡率と実際死亡率の乖離、資産運用利回りの低下

・少額短期保険 など

→地震・噴火・台風・水災・大雪その他の大規模な自然災害が予測を超えて発生

その他、商品内容やラインナップ、保険料水準において優位性を有している競合他社が存在し、インターネット企業を中心とした新規参入業者の台頭によるマーケットシェアの縮小リスクがあります。

セグメント情報

同社のセグメントは、①損害保険事業、②生命保険事業、③少額短期保険事業が中核になります。

研究開発活動

該当事項はありません。

設備の状況

設備は、各社サーバなどのソフトウェアに加え、ハード(器具備品)が多く、一部リースによる調達も行っています。

経理の状況

進行期の貸借対照表及び損益計算書の状況です。

直近四半期では、経常利益率4.2%を計上しています。他のIPO銘柄にあるような際立った収益性の高さはありません。

また過去の業績推移で見ると主要子会社のSBI損害保険とSBI生命保険の業績は芳しくありません。

SBI損害保険は、赤字体質で直近期にようやく黒字化。ただし売上の成長はなく頭打ち感が出ています。

またSBI生命保険も、売上の減少傾向が起因して利益が縮小している下降トレンドです。

ストックオプションの状況

ストックオプションの発行状況は以下のとおりです。

・第1回ストックオプション:目的となる株式数750,000株(行使価格1,734円)

・第2回ストックオプション:目的となる株式数710,700株(行使価格1,734円)

合計1,460,700株

ストックオプションの目的となる株式数は、発行済み株式数の10%未満であり、希薄化効果はそれほどありません。

大株主の状況

最後に大株主の状況を確認しましょう。

大株主は、SBIホールディングス、SBIファイナンシャルサポート、ソフトバンクグループとSBIグループが全体の90%超を占めます。SBIの連結子会社ですので、市場で持ち株の大半を売却することはありませんので、売り圧力にはなりません。。

ABOUTこの記事をかいた人

東京都で働く公認会計士・税理士です。祖父・父親・叔父・弟も公認会計士や税理士の不思議な家系です。移転価格・組織再編・タックスヘイブンに強みがあります。ついついブログの投稿とダイエットは3日坊主です(笑)